24時間テレビが気持ち悪い・嫌いな理由|つまらないの意見も紹介

24時間テレビが気持ち悪い・嫌いな理由|つまらないの意見も紹介

日本テレビの夏の恒例である「24時間テレビ」。今年で放送45回目となります。

24時間テレビといえば、24時間マラソンや障がい者のドキュメンタリー、感動的なオリジナルドラマといった涙を誘う構成。

感動をテーマにした演出に対しては賛否両論。とくに快く思っていない意見も多くあります。

  • 24時間テレビは気持ち悪い
  • 24時間テレビが嫌い
  • 24時間テレビはつまらない

気持ち悪い・嫌いな理由や、つまらないと言う具体的な意見もご紹介していきます。どうぞ最後までご覧ください。

24時間テレビが気持ち悪い・嫌いの主な意見

24時間テレビが気持ち悪い・嫌いの主な意見

24時間テレビで「気持ち悪い」「嫌い」と批判されていますが、主な意見は以下のとおり。

  • つまらない
  • 意味がわからない
  • やらせ感がハンパない
  • チャリティー番組なのにギャラが出るのがおかしい

24時間マラソンのような、過酷な思いをするタレントの姿を見せられる企画などに対し「意味がわからない」と言う意見を多く目にします。

単純に内容がつまらないと言う意見も多数でした。

チャリティー番組にも関わらず、ギャラが出ているのはおかしいと言う意見も。
高額なギャラをもらっているタレントが、子ども達に一生懸命貯めたお小遣いを持って来させる番組といった強い批判もあったりします。

また、24時間テレビギャラを拒否・寄付された芸能人もいらっしゃいます。

ギャラを拒否・寄付した芸能人

  • 萩本欽一さん
  • 明石家さんまさん
  • YOSHIKIさん

みほ
かっこいいですね!実際その立場になったらなかなかできないですよね。

気持ち悪い・嫌いの理由

長時間の尺で感動の押し付けを延々とされることに対して、嫌悪感を感じる人が多いようです。確かに、見ていると無理に感動させようとしている感が受け取れてしまいます。

気持ち悪い・嫌いの理由

  • ジャニーズ推し
  • 感動の押し売り
  • 障がい者を見世物にしている
  • チャリティーらしからぬ裏側

毎年、司会にはジャニーズが抜擢されていたり、感動を誘うオリジナルドラマにもジャニーズが主演。ジャニーズファンには良いですが、そうでない人は見る気にはなれませんね。

障がいを持っていても、頑張って生きているということを訴えるドキュメンタリーもあります。出演をしている方々に対して批判する意見は目にしません。感動させるための安易な発想についてや、障がいある人をダシにしていると言う批判が集まっています。

チャリティー番組とはいえないと言う意見に関しての主な理由は、こちらです。

  • 出演者の高額なギャラ
  • テレビ局のCMなどで得る膨大な利益

弱者と強者が際立つ番組で、愛が地球を救えるのか?救えないだろ!と言う痛烈なツッコミに賛同する意見がネットで飛び交っています。

みほ
さまざまな意見はありますが、みなさん何だかんだで見ているんですね

ネットの声

「お涙頂戴に嫌気がさす」と言う意見が大多数でした。無理に視聴者を泣かせようとする構成が浮き彫りだと、かえって冷めてしまうのが心情です。

24時間テレビのテーマ「愛は地球を救う」。つくりものの「愛」、「偽善」がやらせすぎて見ていて不快感を覚えるとの声も。

チャリティー番組なのに、出演者やテレビ局側だけ高額なギャラや利益を得ていて良い思いをしていると批判。これではチャリティー番組とはいえないと言う声が多数ありました。

泣かせる演出を試行錯誤した結果、感動ポルノと揶揄されています。

24時間テレビを支持する意見もあるかとは思いますが、こういった批判の声が圧倒的に目立っていました。

みほ
出演者の皆さんが涙しているシーンも印象的ですよね。

まとめ

24時間テレビの気持ち悪い・つまらない・嫌いな理由についてまとめます。

  • ジャニーズ推し
  • 感動の押し売り
  • 障がい者を見世物にしている
  • チャリティーらしからぬ裏側

見ていて不快感を持ってしまうと言うネットの声についても色々調査してみましたが、これだけ批判の声がありながらも45年続いている番組です。

毎年夏の恒例行事ともいえるおなじみの番組を楽しみにしている方もおられるでしょう。

賛否両論、話題あふれる24時間テレビを今年も夏の終わりを感じながら堪能してみては。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA